ホーム > くらしの便利帳 > 安全・安心 > 防災 > 土砂災害危険箇所等の緊急周知

土砂災害危険箇所等の緊急周知

平成26年8月20日に発生した広島市における大規模な土砂災害をはじめ、近年は、全国各地で土砂災害が発生し、多くの方が犠牲になられています。

このような状況から、市民の皆さまが土砂災害の被害にあわないよう土砂災害危険箇所等を緊急に周知するものです。

武雄市には、土砂災害危険箇所が1,547箇所(土石流危険箇所409箇所、急傾斜危険箇所(がけ崩れ)1,110箇所、地すべり危険箇所28箇所)あり、「いつ」「どこで」土砂災害が発生するか分かりません。

土砂災害危険箇所マップ、防災気象情報の収集方法、避難勧告等の情報伝達、市民の皆さまがとるべき行動について掲載していますのでご確認をお願いします。

また、武内町にお住まいの方は、土砂災害防止法により土砂災害警戒区域(イエローゾーン)、土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)が指定されており、地区ごとにハザードマップを作成していますのでご確認ください。

これから、全市内において区域指定がされますので、皆さんといっしょにハザードマップを作成していくことのになります。

まずは、「お住まいの住居、周辺の地域が土砂災害の危険区域内にあるか」「避難所はどこなのか」ご確認をお願いします。

土砂災害危険箇所図

リンクはPDFファイルで開きます。

武雄町

橘町

朝日町

若木町

東川登町

西川登町

山内町

北方町

土砂災害ハザードマップ

武内町

カテゴリ