ホーム > くらしの便利帳 > 健康・医療・福祉 > 熱中症を予防しましょう!

熱中症を予防しましょう!

熱中症を予防しましょう!

 熱中症は、毎年7月から8月に集中して発生し、特に梅雨明けの蒸し暑く、急に暑くなる時期には、体が暑さに慣れていないため、例年熱中症による救急搬送者数や死亡者数が急増しています。

 熱中症は気温が高いなどの環境下で、体温調節の機能がうまく働かず、体内に熱がこもってしまうことで起こります。小さな子どもや高齢者、病気の方などは特に熱中症になりやすく、重症になると死に至るおそれもあります。

予防のための3つのポイント

1.積極的な水分補給を

 夏は気づかぬうちに汗をかきますので、こまめな水分補給が重要です。汗をかくと、水分とともにナトリウム等も失われますので、汗をたくさんかいたときは塩分も補給しましょう。

2.運動中の心がけ

 運動・活動中の熱中症は、適切な予防措置により防げます。責任者の方は、スポーツの前後と運動中はこまめに定期的に飲水を施し、予防策の徹底に努めてください。

3.風通しのよい軽い衣服が最適

 衣服は軽く、吸湿性や通気性のよい素材で、熱を吸収しにくい白系統のものを選びましょう。外出時は帽子で直射日光を防ぎましょう。

熱中症予防のためにリーフレット(PDF)

熱中症関連情報

厚生労働省

環境省

気象庁

消防庁

佐賀県

カテゴリ