ホーム > くらしの情報 > 健康・医療・福祉 > 不妊治療費の助成・不妊相談

不妊治療費の助成・不妊相談

不妊相談 ~不妊を一人で悩まないで~

不妊に悩むご夫婦に対し、電話相談や面接相談を行っています。

相談内容曜日等時間予約についてお問合せ先
不妊相談 保健師による面接・電話相談 平日 9時〜17時 予約不要 不妊専門相談センター TEL:0952−33−2298
不妊相談 臨床心理士によるカウンセリング 第3水曜日(原則) 15時〜17時 要予約
不妊相談 医師面接 第3水曜日(原則) 15時〜17時 要予約

お問合せ

佐賀中部保健福祉事務所 不妊専門相談センター

TEL:(0952)33-2298

不妊治療費を助成しています

武雄市では、不妊治療を行っている夫婦の方を対象に、経済的負担の軽減を図るために、治療費の一部を助成しています。

助成対象者
(右の条件にすべて当てはまる方)
  1. 佐賀県不妊治療支援事業に基づく不妊治療助成対象者
  2. 申請日において夫婦のいずれか一方が、武雄市内に住民登録し、申請日から遡って1年以上継続して居住している方
  3. 夫婦のいずれも他の市区町村から同種の助成を受けていないこと及び受ける見込みがないこと
  4. 夫婦の前年の所得(1月から5月までの申請では、前々年の所得)の合計額が、730万円未満であること
対象治療 健康保険が適用されない、夫婦間で行う体外受精及び顕微授精、男性不妊治療、人工授精
申請1回あたりの助成金の額

助成対象治療費から佐賀県からの助成を控除した額と15万円とを比較して少ない方の額(令和2年4月1日以降の治療開始分から適用)

必要書類
  1. 武雄市不妊治療支援事業助成金交付申請書(様式第1号)
  2. 佐賀県不妊治療支援事業助成承認決定通知書の写し
  3. 佐賀県不妊治療支援事業に係る受診等証明書の写し
  4. 夫及び妻の所得証明書(児童手当用)(写しでも可)
  5. (夫婦の住民票の住所が異なる場合のみ)戸籍謄本(写しでも可)
  6. 医療機関発行の領収書
申請時必要なもの
  1. 印鑑
  2. 通帳
申請期限 治療が終了した日から1年以内

お問合せ

武雄市福祉部健康課

TEL:(0954)23-9131

kenkou@city.takeo.lg.jp

カテゴリ