ホーム > くらしの便利帳 > 子育て > 寡婦(夫)控除のみなし適用
たけおの子育て情報サイト「子育てするならたけお」

寡婦(夫)控除のみなし適用

婚姻歴のないひとり親家庭には、税法の定める「寡婦(夫)控除」が適用されないため、婚姻歴のあるひとり親家庭と比べて、同じひとり親家庭であるにも関わらず、子育てや福祉などのサービスの利用料等の算定等において、負担額に格差が生じる場合があります。

武雄市では、婚姻歴のないひとり親家庭を支援するため、子育てや福祉などのサービスについて、税法上の「寡婦(夫)控除」が適用されるものとみなして、利用料の減額などを行う制度「寡婦(夫)控除のみなし適用」を実施しています。
※注1 みなし適用を申請しても、所得状況によっては負担額等の減額等にならない場合があります。
※注2 みなし適用の申請によって、実際の税金の額が変わることはありません。

対象となる人

みなし適用の対象となるのは、所得を計算する対象となる年の12月31日及び申請日時点において、次の(1)~(2)いずれかに該当する方です。

(1) 婚姻歴のない母
  • 20歳未満の生計を同じくする子がいる人。(寡婦控除の適用)
  • 20歳未満の扶養親族である子があり、前年の合計所得金額が500万円以下の人。(特別寡婦控除の適用)
(2) 婚姻歴のない父
  • 20歳未満の生計を同じくする子があり、前年の合計所得金額が500万円以下の人。(寡夫控除の適用)

※注1 婚姻届はないが現に事実上の婚姻と同様の事情にある方、税法上の寡婦(夫)控除を受けている方は対象外です。
※注2 「生計を同じくする子」とは、ほかの人の控除対象配偶者、または扶養親族になっていない、総所得金額等が38万円以下の子をいいます。

対象事業

事業名 担当課 お問合せ先
1 保育料 こども未来課 23-9215
2 幼稚園就園奨励費補助金
3 放課後児童クラブ
4 病児病後児保育事業
5 未熟児養育医療給付事業 健康課 23-9131
6 児童手当 福祉課 (家庭支援係) 23-9216
7 児童扶養手当
8 入院助産(助産施設)
9 子育て短期支援事業
10 母子の保護(母子生活支援施設)
11 高等職業訓練促進給付金事業
12 自立支援教育訓練給付金事業
13 高等学校卒業程度認定試験合格支援事業
14 特別児童扶養手当 福祉課 (障がい・福祉係) 23-9235
15 特別障がい者手当
16 障がい児福祉手当
17 障がい児通所支援事業(放課後等デイサービス・児童発達支援等)
18 障がい福祉サービス(居宅介護・生活介護・就労移行支援等)
19 自立支援医療(精神通院医療)
20 自立支援医療(更生医療・育成医療)
21 障がい者(児)外出支援事業
22 障がい者(児)補装具費支給事務
23 障がい者(児)日常生活用具給付事業
24 日中一時支援事業
25 難聴児補聴器購入費助成事業
26 小児慢性特定疾病児童日常生活用具給付事業
27 市営住宅(家賃) 住まい支援課 23-9221

※注 住民税に基づき算定する事業においては、合計所得金額が125万円以下の方は、非課税の扱いとなります。

申請方法

利用する事業の担当課窓口で申請してください。

なお、次の12事業については、1回の申請で2つ以上の事業を申請することができます。(上記対象事業のうち)

 (1)保育料、(2)幼稚園就園奨励費補助金、(3)放課後児童クラブ、(4)病児病後児保育事業、(5)未熟児養育医療給付事業、(8)入院助産(助産施設)、(9)子育て短期支援事業、(10)母子の保護(母子生活支援施設)、(11)高等職業訓練促進給付金事業、(12)自立支援教育訓練給付金事業、(13)高等学校卒業程度認定試験合格支援事業、(27)市営住宅(家賃)

申請に必要なもの
  • 申請書(各事業担当課に備え付けています)
  • 印鑑
  • 児童扶養手当証書
  • 申請者の世帯全員の住民票(写し)

※注1 児童扶養手当受給資格がない方は、申請者の戸籍謄本(1月1日以降及び3か月以内に発行されたもの)が必要です。
※注2 1月1日の住所が市外にあった方は、対象とする課税年度の所得課税証明書(合計所得金額の記載があるもの)の添付が必要です。
※注3 代理申請の場合は、委任状が必要です。

その他

  • 各事業の定める要件に基づき判断するため、みなし適用を実施しても、結果として利用者負担額等が変わらない場合があります。
  • 既に利用中の事業であっても、みなし適用申請は別途必要となります。
  • 虚偽の申請をした場合、みなし適用を取り消すほか、みなし適用によって生じた利用料の減額分全額又は給付額の追加分全額の返還をしていただきます。
  • みなし適用の実施後も、毎年度申請が必要です。また、適用した年度中でも、所得や世帯の状況に変更があった場合は、変更届を提出いただき、利用料の再計算等をします。

寡婦(夫)控除のみなし適用のご案内チラシ

お問合せ先

対象事業におけるみなし適用に関しては、各対象事業の担当課にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

武雄市 こども教育部 こどもの貧困対策課 みんなの笑顔係

TEL:0954-23-9168