ホーム > くらしの便利帳 > 市民窓口のご案内 > 電子申告(e-TAX)を利用するには、電子証明書が格納された住基カードが必要です

電子申告(e-TAX)を利用するには、電子証明書が格納された住基カードが必要です

e-TAXとは、自宅等からインターネットを利用して確定申告の手続きができるシステムです。

e-TAXを利用するには、公的個人認証サービスの電子証明書が格納された住民基本台帳カードが必要です。

よくあるご質問

Q1どんな手続きをすればいいの?

  1. 市役所窓口で住民基本台帳カード(住基カード)を申請します。(詳しくは『住民基本台帳カードの交付申請』をご覧ください。)
  2. ご本人が住基カードの交付を受けたあと、住基カードに電子証明書を発行(格納)する申請手続きをします。

Q2申請手続きに何が必要なの?

  1. 住基カードと顔写真付き身分証明書(運転免許証等)が必要です。
  2. 顔写真付きの住基カードの場合は、住基カードのみで申請できます。

Q3手続きは一日でできるの?

  1. 住基カードをすでにお持ちの方は、電子証明書の発行だけですので、即日に手続きは完了します。
  2. 住基カードをお持ちでない方は、住基カードを即日発行できませんので、電子証明書の発行まで1週間ほどかかります。

Q4発行手数料はどれくらいですか。

  1. 住基カードの交付手数料が500円です。
  2. 住基カードに電子証明書を発行(格納)する手数料が500円です。
  3. 住基カードの交付と電子証明書の発行の両方を手続きする場合の手数料は1000円となります。

Q5有効期限はあるの?

  1. 住基カードの有効期限は10年です。
  2. 電子証明書の有効期限は3年です。住基カードの有効期限内であっても、電子証明書の期限が切れることがありますのでご注意ください。

Q6住基カードに暗証番号の登録が必要と聞いたけれど?

  1. 基カードの交付を受ける際に、4桁の暗証番号(数字)を設定してもらいます。
  2. 住基カードに電子証明書を発行(格納)する場合には、4桁から16桁の暗証番号(数字、英大文字)を設定してもらいます。

関連情報

 ※窓口での住基カードの手続き・電子証明書発行の手続きには、若干時間がかかりますので、時間に余裕をもって窓口にお越しください。詳しくは下記へお問い合わせください。

お問い合わせ

カテゴリ