住民異動に関する届出

 みなさんの住所や世帯の状況はすべて住民基本台帳に登録されています。住民異動に関する届出は、市や県、国で行っている各種行政の基礎となる大切な届です。住所や世帯の構成に異動があったら、必ず届出を行ってください。手続きの際は、身分証明書(免許証、住民基本台帳カード(住基カード)、パスポート、保険証など)、届出人の印鑑、下記の必要なものを持参の上、本庁市民課、山内・北方両支所くらし課で手続きをしてください。

 世帯員以外の方が届出をされる場合は直筆の委任状が必要です。

内容 期間 届出に必要なもの
転入届 他の市町村から武雄市へ移ってきたとき 新しい住所に住み始めてから14日以内 (事前の手続きはできません。)
  • 前住所地の転出証明書
  • 住基カード(所有者のみ)
  • 届出人の身分証明書
  • 届出人の印鑑
※国外からの転入の場合は、パスポート・戸籍抄本・戸籍の附票が必要です。(本籍が武雄市の場合は不要です)
転居届 武雄市内で住所が変わったとき 新しい住所に住み始めてから14日以内(事前の手続きはできません。)
  • 届出人の身分証明書
  • 住基カード(所有者のみ)
  • 届出人の印鑑
  • 国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
  • 国民健康保険高齢受給者証(受給者のみ)
  • 子ども医療費受給資格証(受給者のみ)
  • 介護保険被保険者証(該当者のみ)
  • 後期高齢者医療被保険者証(該当者のみ)
転出届 武雄市から他の市町村へ移るとき 転出予定日の14日前から転出する日まで
世帯変更届 世帯主・世帯員に変更があったとき 変更してから14日以内
  • 届出人の身分証明書
  • 届出人の印鑑
  • 国民健康保険被保険者証(加入者のみ)
  • 国民健康保険高齢受給者証(受給者のみ)

住民基本台帳カード(住基カード)を使った特例による転出届

 他市区町村へ引越しする場合は、転出手続きをすると通常転出証明書を発行しますが、住基カードをお持ちの方が転出手続きをすると、新しい住所地市区町村に転出証明書情報を送りますので、転出証明書の発行を受けずに、新住所地市区町村窓口で転入届をすることができます。転入の際は、必ず住基カードを持参し、住基カードの継続利用手続き(暗証番号の照合)をすることになります。

 この手続きを転出届の特例と言います。住基カードをお持ちの方が、転出手続きをされた場合、同時に転出される方もこの特例の対象となります。

各種届出に伴う手続きについて

 転入転居転出担当課
学校での転入学(小中学校)本庁学校教育課
児童手当(受給者)本庁支援課
支所くらし課
子ども医療費(受給者)
国民健康保険(加入者)本庁健康課国保年金係
支所くらし課
後期高齢者医療保険(該当者)
介護保険(該当者)
国民年金(加入者)

注意していただく点

お問い合わせ先

カテゴリ