ホーム > くらしの情報 > 生活基盤 > 住宅の新築・改築 > 水に強い住まいづくり支援事業(住宅かさ上げ工事等)

水に強い住まいづくり支援事業(住宅かさ上げ工事等)

近年の異常気象に起因する集中豪雨や地理的要因により発生する浸水被害から、自らの財産を守るため、住宅のかさ上げ工事や浸水被害の軽減を図る工事等を行う方に対し、工事費の一部を補助します。

対象者

令和元年8月28日以降に床下浸水被害が発生した区域内に住宅を所有し、現に居住する方で、当該住宅にかさ上げ工事や浸水対策工事等を行う方(敷地内の工事に限る)

対象住宅

一戸建ての専用住宅または店舗併用住宅(住宅部分の床面積が2分の1以上のものに限る)

補助対象工事

  1. 住宅の床面を既存の高さより高くする工事 例)かさ上げ工事、高床式構造
  2. 敷地に盛土をして地盤の高さを高くする工事 例)盛土工事
  3. 浸水被害を軽減する工事
    例)基礎部の水抜き穴の設置、排水ポンプピットの設置、床下排水を促すための土間コンクリート工事、エアコン室外機・給湯器の高所移設、敷地の外周をコンクリート壁で囲む工事(既設のコンクリートブロックに増し積みする工事は対象外)、止水板の設置、トイレ・キッチン等の住宅設備を2階へ移設する工事 等

※敷地内での住宅の建替えにあわせて上記の工事を行う場合も補助対象となります。

※新たに建設される住宅への工事は補助対象となりません。

※自己施工の場合は補助の対象となりません。

※原則として、年度内に工事が完了すること。

※既に工事に着手または完了している場合でも要件に該当すれば対象となります。

※1.及び2.の工事と住宅移転補助金とは併用できません。

補助金の額

工事に必要な経費の2分の1(1,000円未満切り捨て)、上限100万円
※事業実績報告書は、交付決定を受けた年度の3月20日までに提出する必要があります。

申請に必要な書類

住宅かさ上げ工事、盛土工事

  1. 交付申請書(様式第1号)
  2. 添付書類
    • 事業計画書(別紙1)
    • 見積書の写し(内訳明細が記載されているもの)
    • 工事図面
    • 施工前の写真
    • 罹災証明書又は住民票の写し
    • 市税の滞納がない証明書
    • 固定資産名寄帳(証明付のものに限る)
    • 位置図及び字図
    • 工事に係る誓約書(別紙3)
    • 工事同意書(申請者と建物所有者が異なる場合)(別紙5)
    • 相続人が申請する場合は、所有者及び相続人との相続関係が確認できる戸籍謄本及び相続一覧図
    • 暴力団員等でない旨の誓約書(別紙7)
    • その他市長が必要と認める書類

浸水被害を軽減する工事

  1. 交付申請書(様式第1号)
  2. 添付書類
    • 見積書の写し(内訳明細が記載されているもの)
    • 施工前の写真
    • 罹災証明書又は住民票の写し
    • 市税の滞納がない証明書
    • 位置図
    • 工事に係る誓約書(別紙3)
    • 暴力団員等でない旨の誓約書(別紙7)
    • その他市長が必要と認める書類

事業完了時に必要な書類

住宅かさ上げ工事、盛土工事

  1. 実績報告書(様式第4号)
  2. 工事請負契約書の写し
  3. 施工前、施工中及び施工後の写真
  4. 工事を行った者の工事完了証明書(別紙9)
  5. 工事に要した経費に係る請求書及び領収書の写し
  6. その他市長が必要と認める書類

浸水被害を軽減する工事

  1. 実績報告書(様式第4号)
  2. 施工後の写真
  3. 工事を行った者の工事完了証明書(別紙9)
  4. 工事に要した経費に係る請求書及び領収書の写し
  5. その他市長が必要と認める書類

様式

お問い合わせ

武雄市 まちづくり部 建築住宅課

TEL:0954-23-9221

カテゴリ