ホーム > くらしの情報 > 生活基盤 > 動物(ペット) > ペットを飼うときのマナー

ペットを飼うときのマナー

近年、ペットの飼い方に関する苦情がたくさん寄せられています。

正しく飼わないと周囲に迷惑をかけるだけでなく、ペット自身も危険にさらされる恐れがあります。

犬を飼っている方へ

首輪、リードでつなぎましょう(放し飼いの禁止)

リード(紐)を付けずに散歩をさせると、事故にあう恐れがありますし、他の散歩中の犬と喧嘩をしたり、通行人に吠えかかったりするともあります。散歩の際はリードを付け、犬の突発的な行動に対応できるようにしましょう。また、必ず犬を制御できる人が行うようにしましょう。

散歩のときは必ずフンを回収しましょう

散歩の途中でフンをし、そのまま放置するケースが増えてきて、多くの苦情が寄せられております。

環境や景観に悪いだけでなく、他の人に対して大きな迷惑がかかりますので、フンは必ず回収し、自宅に持ち帰って処分しましょう。

猫を飼っている方へ

室内で飼いましょう

猫にとって家の中は、最も安全な場所です。適切な環境を用意すれば、猫は室内だけで飼うことができます。

室内飼いは、近隣への迷惑を防止することのほか、感染症や交通事故などを防ぐというメリットもあります。このことから、猫はできるだけ室内で飼うようにしましょう。

避妊去勢手術を行いましょう

猫は年に2~3回繁殖期を迎え、1回あたり5頭前後の子猫を産むといわれています。

生まれてくるすべての子猫を育てることは、大変困難なことです。また、新たな飼い主を見つけることもとても困難なことです。

繁殖を希望しない場合は、避妊去勢手術を行いましょう。

武雄市では、飼い猫の避妊去勢手術に対して補助金があります。詳しくは、環境課までお問い合わせください。

参考:佐賀県猫の適正飼養ガイドライン

お問合せ

武雄市環境部 環境課

TEL:0954-27-7163

kankyou@city.takeo.lg.jp

カテゴリ