ホーム > 文化のまちづくり構想 > 武雄市文化のまちづくりデザイン会議(第4回)

武雄市文化のまちづくりデザイン会議(第4回)

第4回会議では「構想骨子案・新しい文化エリアの設定と施策」について議論しました

2021bunka_machidukuri09.jpg 2021bunka_machidukuri10.jpg

第4回会議では、第3回までを振り返りつつ、委員緒皆さんの意見を受けて考えた構想骨子案の提案として、2つの柱、4つの施策の方向性を提案しました。

また構想骨子において新たに設定する新文化エリアと周辺エリアについて提案し、それぞれ今後の展望について2グループに分かれたディスカッションを行いました。

その後、構想骨子における「誰もが主人公になれる」文化を生かしたまちを目指すうえで武雄においてはどんな取り組みが出来るかを、延岡市駅前複合施設エンクロス(宮崎県延岡市)における新しい市民活動についての取り組み事例を参考にディスカッションしました。

構想の中身について具体的な議論がなされ「文化」をテーマにどんなまちを目指すのか、より核心に迫る会議となりました。

開催日時:令和3年10月25日(月)

開催場所:武雄市文化会館 大集会室B

テ ー マ:「構想骨子案・新しい文化エリアの設定とディスカッション」

詳しい会議録はこちら

20211025会議録(第4回武雄市文化のまちづくりデザイン会議).pdf