ホーム > 緊急情報 > 交通死亡事故の多発

交通死亡事故の多発

佐賀県警察本部からのメールです。

梅雨になり雨の日が多くなっています。このような中、6月18日、佐賀市内の農道上で、自損事故による交通死亡事故が発生しました。今年は既に20人(前年同期比+8人)の方が亡くなられ、多くの尊い命が失われています。雨天時の交通事故防止に努めましょう。

【道路状況に応じた運転】
 雨天時に運転する機会が多くなるこの時期は、濡れた路面でスリップ事故が起きやすくなります。速度を落とした上で急ブレーキや急ハンドルといった「急」のつく運転をしないなど、道路状況に応じた運転に心がけましょう。
【早めのライト点灯】
 雨天時は薄暗く、フロントガラスに付いた水滴などで視界が悪くなり、歩行者や自転車等を発見しにくくなります。早めのライト(前照灯)点灯を励行して、夕暮れ時の交通事故を防止しましょう。
【原則ハイビーム】
 雨で路面が濡れると、反射によって道路標示や道路形状等が見えにくくなることがあります。ハイビームを活用して道路状況を確実に把握し、危険個所を見落とさないよう、しっかり前を見て運転しましょう。

- 佐賀県警察本部 -
0952-24-1111

登録情報の確認・変更を行いたい場合は syousai@esam.jp へ空メールを送信して下さい。