ホーム > 緊急情報 > 交通死亡事故の連続発生

交通死亡事故の連続発生

 佐賀県警察本部からのメールです。

 昨日28日の夜間に唐津市内の国道で、本日29日の早朝に鹿島市内の国道で歩行者が被害となる交通死亡事故が連続発生しました。
 今年は、既に5人もの尊い命が失われています。いつ自分が交通事故の当事者となるか分かりません。運転手の方も歩行者の方も緊張感を持って道路を利用しましょう。

【運転手へのお願い】
 夜間や早朝の暗い時間は、ハイビーム(上向き)運転が基本です。
 前車がいる時や対向車と離合する時など以外は、ライトをハイビーム(上向き)にして、しっかり前を見て、「歩行者が道路を渡っているかもしれない」などの予測運転を心掛けましょう。

【歩行者へのお願い】
 車の直前直後の横断は非常に危険です。
 道路を横断するときは、左右の安全をしっかり確認して、横断の意思表示(手を挙げるなど)をすることに加え、夜間や早朝の暗いときには反射材を着用するなどして、自分の存在をドライバーにしっかりアピールしましょう。

- 佐賀県警察本部 -
0952-24-1111

登録情報の確認・変更を行いたい場合は syousai@esam.jp へ空メールを送信して下さい。