ホーム > 観光情報 > 武雄観どころ散歩(武雄市の各町を動画で紹介)

武雄観どころ散歩(武雄市の各町を動画で紹介)

武雄観どころ散歩タイトルイメージ

武雄市は平成18年3月1日に、旧武雄市、山内町、北方町が合併して誕生し、9つの町(武雄町、橘町、朝日町、若木町、武内町、東川登町、西川登町、山内町、北方町)から成っています。

 それぞれ個性的な特徴のある町をぜひ知っていただきたく、動画で紹介しております。ぜひご覧下さい。

動画の視聴にはWindows Media Playerなどwmv形式の動画を再生するためのソフトが必要です。

武雄町

武雄町位置図

武雄市の中心部に位置し、武雄市の人口の約30%が住む町です。市役所や文化会館などの公共施設、県総合庁舎などの官公署があつまっています。また、武雄温泉と、その名を冠した玄関口、JR武雄温泉駅があります。

  • 面積:19.36平方キロメートル
  • 世帯数:5,774世帯(H19.9.30現在)
  • 人口:15,981人(H19.9.30現在)

橘町

橘町位置図

橘町はおつぼ山神籠石、玉島古墳、潮見古墳といった古代遺跡が豊富なまちです。また、農業も盛んで米、麦、きゅうりなどの栽培が行われており、橘小学校では食育に関する教育も盛んです。

  • 面積:13.67平方キロメートル
  • 世帯数:799世帯(H19.9.30現在)
  • 人口:2,863人(H19.9.30現在)

朝日町

朝日町位置図

長崎自動車道の武雄・北方ICがある、武雄の東玄関口のまちです。ドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」において、ばあちゃんの家のセットがあります。

  • 面積:11.98平方キロメートル
  • 世帯数:1,899世帯(H19.9.30現在)
  • 人口:5,694人(H19.9.30現在)

若木町

若木町位置図

武雄市の北部に位置し、八幡岳、眉山の裾野に広がるまちです。町のほぼ中央の位置に巨木全国第5位を誇る「川古の大楠」があります。

  • 面積:22.25平方キロメートル
  • 世帯数:541世帯(H19.9.30現在)
  • 人口:1,979人(H19.9.30現在)

武内町

武内町位置図

古くから陶芸が盛んで、黒牟田焼、多々良焼といった伝統ある窯元が開かれています。また、世界最大級の登窯「飛龍窯」があるのもこのまちです。

  • 面積:24.80平方キロメートル
  • 世帯数:770世帯(H19.9.30現在)
  • 人口:2,726人(H19.9.30現在)

東川登町

東川登町位置図

長崎自動車道武雄南ICがある武雄の南玄関口である東川登町は、国の重要無形民俗文化財に指定されている宇土手の荒踊、市の重要無形文化財に指定されている袴野面浮立といった伝統芸能で有名です。

  • 面積:17.21平方キロメートル
  • 世帯数:778世帯(H19.9.30現在)
  • 人口:2,644人(H19.9.30現在)

西川登町

西川登町位置図

西川登町は武雄市の南西部、長崎県、嬉野市との県境に位置します。特産品として竹細工と弓野人形があげられます。また、青磁の重要無形文化財保持者として、人間国宝に認定された中島宏さんが開く弓野窯もこのまちにあります。

  • 面積:18.01平方キロメートル
  • 世帯数:578世帯(H19.9.30現在)
  • 人口:2,219人(H19.9.30現在)

山内町

山内町位置図

霊峰黒髪山を仰ぎ、南に神六山を臨む山内町。勇壮な黒髪神社の流鏑馬、黒髪山の豊かな自然など見所がたくさんあります。また、「道の駅やまうち」では地元の素材を使ったレストランが評判です。

  • 面積:40.91平方キロメートル
  • 世帯数:2,882世帯(H19.9.30現在)
  • 人口:9,575人(H19.9.30現在)

北方町

北方町位置図

武雄市の東部に位置する北方町は、古くは炭鉱のまちとして栄えていました。今も「四季の丘フェスタinきたがた」では、100kgのトロッコを引くトロッコレースが開催されます。

  • 面積:27.25平方キロメートル
  • 世帯数:2,842世帯(H19.9.30現在)
  • 人口:8,448人(H19.9.30現在)