武雄市の文化財
たけおおんせんしんかんおよびろうもん 2棟:国重要文化財・建造物
武雄温泉新館及び楼門 指定年月日 平成17年7月22日
所在地 武雄町大字武雄

 武雄温泉は、「肥前国風土記」に出てくる古湯で、江戸時時代には長崎街道塚崎宿の本陣が置かれるなど大変賑わっていました。近代になって観光温泉町として発展した武雄の拠点として、武雄温泉新館及び楼門は計画されました。設計は辰野・葛西事務所で、清水満之助(現清水建設)が施工し、新館は大正3年8月6日、楼門は同年11月20日に上棟、大正4年4月12日に落成式が挙行されました。
 新館は、建築面積409.53u、一部二階建、木造桟瓦葺の建物で、正面中央に玄関車寄を備え、左右対称に男女の大浴場(大・小)、上々湯各3室、両脇に便所棟が配置されています。大浴場の湯気抜きは、平面が八角形をしており、浴室からみる形状は風情があります。二階は休憩所となる和室5部屋があり、中央3室は大広間としてつなぐことができます。
 楼門は、建築面積119.96u、両側面翼屋付で、木造入母屋造本瓦葺のいわゆる竜宮門とよばれる形式の門に桟瓦葺の翼屋を張り出しています。楼門は、「いで湯の里武雄」のシンボルとなっています。
 武雄温泉新館及び楼門は、伝統的な和風意匠を基調としながら、細部の意匠や架構等に新しい試みがみられます。当時の建築界をリードしていた建築家の辰野金吾が関与した数少ない和風建築として貴重であり、わが国の近代保養施設の歴史を知る上でも重要な建物です。いずれも附として棟札が指定されています。



武雄温泉新館及び楼門1 武雄温泉新館及び楼門2

武雄市教育委員会 文化・学習課文化財係