新幹線基本情報

新幹線の運行について

武雄温泉駅⇔長崎駅間にフル規格の新幹線が開通することで、武雄‐長崎間の鉄道を利用した直接往来が可能となります。また、武雄温泉駅⇔博多駅間にはリレー特急が接続します。

武雄温泉駅⇔長崎駅
1日上下64本の新幹線が運行予定
※1時間に上下それぞれ2本程度停車
最速 約28分(約58分短縮)の運行時間
武雄温泉駅⇔博多駅
1日上下96本の特急(リレー特急含む)が運行予定
※1時間に上下それぞれ2~3本程度停車
最速 約1時間6分の運行時間

※所要時間は「収支採算性及び投資効果に関する詳細資料」平成24年3月国土交通省鉄道局より抜粋

西九州ルートの特急運行イメージ(JR九州案)

武雄温泉でのリレー方式(イメージ写真)

八代.pngのサムネイル画像

新八代駅における対面乗換の様子

開業時期

九州新幹線西九州ルート(武雄温泉-長崎間)の開業は2022年秋に決定しました。

200804_hub_sutekka-1.jpg

210804_hub_sutekka-2.jpg

2022年秋の開業に向けてロゴデザインを作成しました。以下のデザインデータは自由にご使用いただけます。皆さんで2022年秋の開業に向けて盛り上げていきましょう。

武雄市開業ロゴ(赤).jpg

武雄市開業ロゴ(青).jpg

開業FBカバー(個人アカウント用).jpg

開業FBカバー(ページ用).jpg

つながる5つの駅

九州新幹線西九州ルートの開業で、武雄温泉駅を含む5つの駅が1つの線路でつながります。

武雄温泉駅 ー 嬉野温泉駅(佐賀県嬉野市) ー 新大村駅(長崎県大村市) ー 諫早駅(長崎県諫早市) ー 長崎駅(長崎県長崎市)

今回新たにつながる5市では、新幹線沿線5市ネットワーク会議を形成し、開業に向けた共同PRなどに取り組んでいます。

「九州新幹線西九州(佐賀・長崎)ルート」PR動画 (JR九州作成)

新幹線車両について

九州新幹線(武雄温泉-長崎間)を走る列車名は「かもめ」に決定しました。

約60年もの間長崎行きの特急列車として運行されている「かもめ」という親しみのある名称であり、九州新幹線でさらなる飛躍を遂げるという思いを込められてます。JR九州のコーポレートカラーである赤を配色し、シンボルマークやロゴが配置されています。

210804_hub_syaryou1.jpg(「かもめ」車両イメージ)R3.7.28 JR九州より発表がありました。

また、車内デザインのイメージも公開されています。

・「優しい、明るい、楽しい、心地良い、美しい」をテーマに色、形、素材をセレクト

・和洋折衷、クラシックとモダンが組み合わされた、懐かしくて新しい空間を表現

200806_hub_siteiseki1.jpg 200806_hub_siteiseki2.jpgのサムネイル画像 200806_hub_siteiseki3.jpgのサムネイル画像

(指定席インテリアイメージ)