ホーム > 緊急・災害情報 > 武雄市災害義援金2次配分が決定

武雄市災害義援金2次配分が決定

投稿日:2019年12月05日(木)

令和元年8月の前線に伴う大雨により被災された世帯に対し、全国の皆様から寄せられた義援金を、佐賀県及び武雄市の災害義援金配分委員会において決定した基準により、対象となる世帯へ支給します。12月18日までに義援金申請された世帯には、年内(12月27日まで)に支給します

配分対象及び配分額

配分対象及び配分額

被害区分 ①1次配分額 ②2次配分額 ③合計額 り災証明書内容
人的被害 死亡 200,000円 495,000円 695,000円
住家被害 全壊 200,000円 495,000円 695,000円 全壊
半壊 100,000円 247,500円 347,500円 大規模半壊
半壊
一部損壊 20,000円 49,500円 69,500円 一部損壊
一部損壊
(床上浸水)
20,000円 49,500円 69,500円 一部損壊(床上)

※日本赤十字社佐賀支部・佐賀県共同募金会・佐賀県・武雄市に寄せられた義援金を合わせた金額です。
※「一部損壊(床下)」は義援金の対象ではありません。
※住家とは現に居住のために使用している者がいる建物であり、空き家や店舗など住宅として居住する者がいない建物は含みません。

支給を受けるための手続

住家の「り災証明書」などの必要書類を準備のうえ、武雄市役所へ申請ください。

既に申請された世帯は、指定口座に振り込むため、新たな申請は必要ありません。

※①1次配分額が既に支給されている世帯は、②2次配分額(合計額との差額)を指定口座へ振り込みます。
※10月1日以降の「り災証明書」発行世帯については、③合計額を指定口座へ振り込みます。

支給時期

申請後、約2週間程度で振り込みます。

12月18日(水)までに申請された世帯は、年内(12月27日まで)に振り込みます。

※「り災証明書」発行日が、11月20日までに発行された世帯が対象です。11月21日以降に発行された世帯は、今後の配分委員会で支給時期が決定されます。

ご提出いただく書類

対象となる方(世帯)は、申請ください。

  1. 武雄市災害義援金申請書
  2. り災証明書の写し
  3. 振込口座が確認できるもの(通帳、キャッシュカード)
  4. 印鑑
  5. 来庁者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証)
  6. 委任状 ※同一世帯以外の方が申請する場合
  7. その他 ※1(下記注意点をご確認ください)

武雄市災害義援金申請書(PDF)
武雄市災害義援金申請書【記入例】(PDF)
委任状(PDF)

注意点

  • 申請者及び口座名義人は、世帯主又は世帯員に限ります。
  • 申請書の記載誤り等があった場合は、個別にご連絡させていただく場合があります。 この場合、支給までに時間を要する又は支給できない場合がありますので、 記載漏れや誤りがないようにご注意ください。
  • 義援金支給に当たっては、決定通知書は送付しません。 指定口座への振込みをもって、決定通知に代えさせていただきます。
    ※申請から振込みまでは、約2週間程度の時間を要します。
  • 今後、追加配分が決定した場合、決定済みの被害区分に応じた額を、 追加で振込みますので、追加配分に対する新たな申請は必要ありません。
  • 支給前に、世帯全員が亡くなられた場合は、支給の対象となりません。

※1 被災当時、被災した住所に住民登録していなかった場合は、 「被災した住居に居住し生活の本拠であった」ことを確認させていただきますので、 次の書類のうち一つを提出してください。また申請の際に、「居住実態申立書」を記入していただきます。

  • 公共料金(電気・ガス・水道)の領収書 (氏名・住所が記載され、ある程度の使用実績が確認できるもの)
  • 賃貸借契約書のコピー(被災者が居住していたことが分かるもの)
  • NHK受信料の領収書
  • 民生委員、区長による居住証明
  • その他生活の本拠があったことを確認できる書類

※災害見舞金や生活再建支援金等の申請時に、 「居住実態申立書」を既に武雄市へ提出されている場合は、 改めて提出する必要はございません。

申請窓口

  • 場所 武雄市役所1階ホール
  • 時間 8:30~17:00(土日祝、12月28日~1月5日は除く)

お問合せ先

武雄市 企画部 復興対策室 TEL:0954-27-7510