武雄市教育委員会

トップページ武雄市若者定住促進奨学金返還補助制度 >武雄市若者定住促進奨学金返還補助制度

武雄市若者定住促進奨学金返還補助制度


1.目的


 本市への定住促進を促すため、定住する意思を有する者に対し、奨学金返還補助を行います。

 ※募集チラシ(PDF:404KB)


2.対象者


 大学・短大等(大学、大学院、短期大学、高等専門学校(4学年以上在学時)、専修学校(専門課程))に在学している期間に奨学金等の貸与を受けた方で、下記の要件を満たす方になります。


 ※平成27年10月1日から平成30年9月30日までに武雄市に転入された方については、収入要件   があります。


武雄市に

転入された日

平成27年10月1日から

平成30年9月30日まで

平成30年10月1日から

平成33年9月30日まで

定住意思

申請年度において、武雄市に定住する意思を有する者であること。

※万一、補助金の交付対象期間中に武雄市外へ転出された場合は、対象者ではなくなります。

年 齢

申請年度の末日時点で満30歳未満であること。

就業要件

申請時に正規雇用者、起業者又は一次産業従事者であること(公務員除く)。(※注1)

収入要件

前年の給与収入金額が325万円以下、かつ同一世帯の前年の合計収入金額が700万円以下であること。

無し

その他

・年1回以上、地域イベントに参加すること。

・申請年度において本要綱に定める補助金と同種の補助金等の交付を受けていないこと。

・奨学金等の返還に滞納がないこと。

・奨学金等の貸与を受けた者に市税の滞納がないこと。

・武雄市暴力団排除条例(平成24年条例第1号)第2条第2号に規定する暴力団員等でないこと。


注1)

◇正規雇用者:国及び地方公共団体に勤務する者を除き、次の要件のいずれにも該当する者とする。

  ア 期間の定めのない労働契約を締結している者であること。

  イ 同一の事業主に雇用される通常の労働者に適用される就業規則等に規定する賃金の算定方法

   及び支給形態、賞与、退職金、休日、定期的な昇給並びに昇格の有無等の労働条件について

   長期雇用を前提とした待遇が適用されている者であること。

◇起業者:国等が行っている創業支援制度を利用し、事業を営んでいる者をいう。

◇一次産業従事者:農業、林業又は漁業に従事し生計を立てている者をいう。


3.補助金額


 補助金の額は、対象期間内に返還する奨学金の元金及び利子の月額(又は月額相当額)の1/2の額

(その額に千円未満の端数があるときはこれを切り捨てた額とし、1万円を限度とする。)に、交付

決定を受けた後における奨学金等を返還する月数を乗じた額とします(交付決定月を含めます)。

 なお、補助金の支給は、交付決定後にお示しする実績報告書の提出後、年度末頃(3月末~4月)に

年間分をまとめて支給します。


4.補助金交付対象期間


 武雄市に転入された日によって、補助金の交付対象期間が異なります。


武雄市に転入された日

交付対象期間

平成27年10月1日から平成28年9月30日までの間

最大12月

平成28年10月1日から平成29年9月30日までの間

最大24月

平成29年10月1日から平成30年9月30日までの間

最大30月

平成30年10月1日から平成33年9月30日までの間

最大36月

※住民票の異動を行わずに、大学・短大等に進学し、武雄市外に居住していた方も対象となります。


5.対象となる奨学金など


(1)日本学生支援機構 第一種奨学金

(2)日本学生支援機構 第二種奨学金

(3)その他市長が認める奨学金/武雄市奨学資金など

 ※教育ローンは除きます。


6.申請受付  平成30年9月3日(月)から


・時 間:午前8時30分~午後5時15分(平日)

・場 所:武雄市役所 2階 こども教育部 教育総務課

 ※平成31年3月に卒業予定の方の受付は、平成31年4月から行います。


7.申請方法


 次の書類を申請者本人が教育総務課へ持参ください。

(1)   武雄市若者定住促進奨学金返還補助金交付申請書(様式第1号)

(2)   奨学金等貸与証明書の写し

(3)   奨学金等の返還計画(貸与機関から送付された資料の写し)

(4)   奨学金等の返還に滞納がないことを証するものの写し(交付申請をした時点において奨学金

  等の返還を開始している者に限ります。)

(5)   同意書(様式第2号)(※注2)

(6)   就労証明書(※注3)

(7)   大学・短大等の卒業証明書(※注4)


(※注2)申請の前年から働いている方で、市税の納付状況を武雄市で確認できない場合は、異動前

    の市町村から市税の滞納がない旨の証明書を取得の上、添付していただきます。

(※注3)起業者は、さが創生貸付制度その他の起業に係る制度の利用がわかる書類、一次産業従事

    者は、給与内訳が分かる書類を提出ください。

(※注4)住民票の異動を行わずに大学・短大等に進学し、武雄市外に居住していた方は、上記のほ

    かに市外で居住していた際の住居の賃貸借契約書の写し、家賃の領収書等、市外で居住して

    いたことが確認できる書類が必要になります。


8.申請の流れ


 (初年度)

 上記7の申請を教育総務課へ提出

   ↓

   選考

   ↓

 交付・不交付決定通知書

   ↓

 実績報告書の提出(継続用の書類の提出)

   ↓

 補助金確定

   ↓

 補助金の支払(3月末~4月)となります。


※2年目以降は、実績報告時に継続用の書類を提出していただき、上記と同じ流れになります。



○このページに関するお問い合わせ


 武雄市教育委員会 こども教育部 教育総務課

 電話:0954-23-5170  FAX:0954-23-7585




武雄市教育委員会(こども教育部)
 佐賀県武雄市武雄町大字昭和12番地10(武雄市役所2階)

■お問い合わせ先
 ○教育総務課(教育全般) ☎:0954-23-5170
               Mail:kyouiku-s@city.takeo.lg.jp
 ○こども未来課(子育て) ☎:0954-23-9215
               Mail::kodomo-mirai@city.takeo.lg.jp
 ○こどもの貧困対策課(子どもの貧困対策) ☎:0954-23-9168
               Mail:kodomo-hinkon@city.takeo.lg.jp
 ○学校教育課(学校教育) ☎:0954-23-8010
               Mail:gakkou@city.takeo.lg.jp
 ○生涯学習課(生涯学習・スポーツ) ☎:0954-23-5168
               Mail:s-gakusyuu@city.takeo.lg.jp
 ○文化課(文化)     ☎:0954-23-9181
               Mail:bunka@city.takeo.lg.jp

  Fax:0954-23-7585(共通)