○武雄市農村地域高齢者活動促進施設設置条例施行規則

平成18年3月1日

規則第121号

(使用の手続)

第2条 武雄市農村地域高齢者活動促進施設(以下「施設」という。)を使用しようとする者は、使用の当日までに、施設に備付けの農村地域高齢者活動促進施設使用者名簿(別記様式次項において「名簿」という。)に使用日時、住所、氏名等を記入しなければならない。

2 前項の規定により名簿への記入をした者は、条例第4条第1項の許可を受けた者とみなす。

(遵守事項)

第3条 施設を使用する者(以下「利用者」という。)は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 火災盗難の防止及び秩序維持に協力すること。

(2) 他人に迷惑を及ぼす物品を携行しないこと。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が指示する事項に従うこと。

2 使用者は、設備等を損傷し、又は滅失したときは、直ちに係員に届け出なければならない。

(準用)

第4条 第2条の規定は、条例第7条の規定により指定管理者に施設の管理を行わせる場合について準用する。この場合において、これらの規定中「市長」とあるのは、「指定管理者」と読み替えるものとする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の武雄市農村地域高齢者活動促進施設条例施行規則(平成9年武雄市規則第13号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

画像

武雄市農村地域高齢者活動促進施設設置条例施行規則

平成18年3月1日 規則第121号

(平成18年3月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
平成18年3月1日 規則第121号