令和3年8月 被災された皆さまへ 令和3年8月 応援いただける皆さまへ
ホーム > くらしの情報 > 生活基盤 > くらしの環境 > 武雄市自然環境等と太陽光発電事業との調和に関する条例を施行しました

武雄市自然環境等と太陽光発電事業との調和に関する条例を施行しました

令和4年1月1日に、武雄市自然環境等と太陽光発電事業との調和に関する条例を施行しました。

条例制定の背景

武雄市では「武雄市ゼロカーボン実行計画」の中で太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーの導入を推進しています。一方で、事業用太陽光発電設備の設置が原因とされる土砂災害や、災害に繋がりかねない事案の発生、また近隣住民への説明や調整が不十分でトラブルとなった例が報告されています。

こうした問題を未然に防ぐため、事業者に対して、自然環境や生活環境への配慮、災害の防止、事業開始前の住民への説明会等の実施や地元区との同意など必要な手続きについて定め、地域と調和した太陽光発電事業の実施を図る必要があることから制定に至りました。

『武雄市自然環境等と太陽光発電事業との調和に関する条例』の概要

目的(条例第1条)

対象(条例第7条)

抑制区域(条例第8条)

説明の実施(条例第9条)

地元区の同意(条例第10条)

事業の届出(条例第11条)

維持管理及び報告(条例15条)

立入調査(条例第17条)

指導、助言及び勧告(条例第18条)

公表、国及び県への報告(条例第19条、20条)

既設の太陽光発電設備についても条例の一部が適用されます

すでに実施されている対象事業等については第15条(維持管理及び報告)、第16条(事業の廃止)が適用されます。

リンク集

※届出に必要な書類等については、こちらからダウンロードしてください。

ガイドライン(参考資料)

太陽光発電の環境配慮ガイドライン

事業計画策定ガイドライン

地上設置型太陽光発電システムの設計ガイドライン

太陽光発電システム保守点検ガイドライン

問合わせ先

武雄市環境課環境係 

TEL:0954-27-7163

E-mail:kankyou@city.takeo.lg.jp

カテゴリ