令和3年8月 被災された皆さまへ 令和3年8月 応援いただける皆さまへ
ホーム > くらしの情報 > 就職・労働・産業 > 農林業 > 森林環境譲与税の使途の公表について

森林環境譲与税の使途の公表について

森林環境譲与税とは

 森林を整備することは、地球温暖化防止のみならず、国土保全や水源の涵養、地方創生や快適な生活環境の創出などに寄与し、その効果は国民一人一人が広く恩恵を受けるものです。
 このため、森林環境譲与税の原資となる森林環境税は、2024年度(令和6年度)から国税として1人年額1,000円を市町村が徴収することとされています。
 森林環境譲与税は、パリ協定の枠組みの下、我が国の温室効果ガス排出削減目標の達成や大規模な災害から国民の生命を守るため、森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保する観点から創設され、森林経営管理制度の施行と併せ、森林環境税の課税に先行して2019年度(令和元年度)から譲与が開始されました。

20201111sinrin.JPG

森林環境譲与税の使途                         

 森林環境譲与税は、法令で使途が定められており、森林整備や担い手対策、木材利用の促進や普及啓発等の「森林整備及びその促進に関する費用」に充てることができます。また、市町村は森林環境譲与税の使途等について公表することになっています。

森林環境譲与税の使途状況について                   

 各年度の使途については、下記ファイルからご覧ください。

お問合せ

武雄市 営業部 農林課 里山資本係

カテゴリ