ホーム > たけおの食育

たけおの食育


武雄市は本気で食育に取り組みます

 武雄市では、平成18年に食育推進公開サミットを開催し、食育に関する取り組みを強化するため、平成19年4月に「こども 部 食 育 課」を設置して食育への取り組みを行ってきました。また、平成20年3月に「がばいよか武雄の食育推進計画」を策定し、地域の力を活かした食育に取り組みました。さらに、平成24年3月には「第2次武雄市食育推進計画」を策定し、啓発から実践へと市民ぐるみの食育を進めています。

 第2次武雄市食育推進計画では、市民皆さんの健全な食生活を実現するため、食育祭りの開催や他経験型の食育プログラムなど食育の取り組みを行なっています。

 また、武雄市では「生産者から消費者」までの流通システムの中で顔の見える地産地消に取組み、市民の安心・安全、そして健康維持の役割を担うため、「武雄市地産地消推進計画」を策定しました

 食べることは、私たちのからだと心をはぐくむ基本です「食のチカラ」のみんなの目標をご家庭で実践して、健康でいきいきとした生活をしましょう。

いま、なぜ食育なの?

「飽食の時代」といわれる現代。食べ物があふれ、食に関する情報も氾濫しています。
その一方で、偏った食事をする、朝食を取らない、過度のダイエットをするといった問題も発生しており、栄養バランスの崩れなどから、大人から子どもまで生活習慣病の予防が大きな課題になっています。
また、食料の海外依存の高さや、大量に廃棄される食べ残し、伝統的な食文化の衰退など、私たちの食生活はたくさんの問題を抱えています。

食育って何?

楽しい食卓楽しい食卓

 食育を一言で言えば「食を通して生きる力(知恵)を身につけること」であり、生きる力は、人々の健康力と社会力という2つの大きな力によってもたらされると考えます。

健全な食生活とは

  1. 生活のリズムとして規則正しい食事を取ること
  2. 栄養面でバランスが取れていること
  3. 安全面に配意すること
  4. 無駄な食べ残しや廃棄をしないこと
  5. 食卓を囲んで家族が一緒に食事をすること

食育  5つのポイント

食べ物と身体の関係がわかる

食べ物がどのように健康に影響するのか、なぜ食べることが必要なのかなど、食に関する基礎的な知識を深めます。

  • 栄養バランスを考える
  • 規則正しい食習慣を身に付ける
  • 毎日の食欲や排便状況などから自分の健康状態を把握する方法を身に付ける

食べ物の生産と流通を理解する

食べ物がどこで生産され、どんな流れで食卓に届くのかを理解します。食を通じて命の尊さが分かり、自然や育てた人への感謝の心が生まれます。

  • 生産や流通のしくみを知る
  • 地域の産物や食べ物の旬を知る
  • 野菜などの栽培や収穫を体験する

食べ物を選択できる

食べ物の情報を正しく理解し、食べ物を選択できる能力を身に付けます。

  • 食品表示の内容を理解する
  • 自分に必要な栄養素を含む食べ物やアレルギーを起こす食べ物を知る

料理ができる

調理器具の使い方を覚え、栄養バランスを考えた献立づくりや食材の特徴を生かした料理ができるようにします。

  • 家の人と一緒に料理を作ってみよう
  • 食事の用意や後片づけもしてみよう

食を楽しむ

食を楽しむことで、子どものうちに正しい食習慣を身に付けます。

  • 旬の新鮮な味を体験する
  • 日本の食文化を知る
  • 家族みんなでそろって食べる

給食探検

給食探検小学校編表紙

武雄市内小中学校の給食時間にお邪魔し、各学校での取り組みをご紹介します。
平成19年度からスタートした給食探検は市内全小学校への取材を終えました。PDFにまとめましたのでご覧ください。

給食探検小学校編(PDF/3.8MB)

給食探検 中学校編

早寝早起き朝ごはんで元気な子供を育てよう

  • 早寝早起き朝ごはんで作られる生体リズム
  • 怖い子どもの夜更かし
  • 朝の光で頭すっきり
  • 朝ごはんで体も目覚めさせよう
  • 大人も早寝早起き朝ごはん

早寝早起き朝ごはんで元気な子供を育てよう

武雄の食の日

平成22年度

平成21年度

武雄市内の学校給食献立

食育応援団

食育リンク集

お問い合わせ

武雄市 こども部 食育課
電話  0954-23-9217