印鑑登録と証明

印鑑登録のできる人

 武雄市に住民登録をしている人及び外国人登録をしている人。(ただし、15才未満の人、成年被後見人は登録できません。)

 登録手続きは本人が来庁して行うのが原則ですが、病気などによりどうしても来庁できない場合は、代理人による手続きができます。この場合、登録に1週間程度かかります。

 登録方法は、ア、イ、ウの3つの方法があります。

<質問1>

窓口にいらっしゃるのはどなたですか?

  1. 本人(→質問2へ)
  2. 代理人(→質問4へ)

<質問2>

本人の確認をしますので、運転免許証などをお持ちですか?

  1. はい (→ ア 免許証方式 で登録してください)
  2. いいえ (→質問3へ)

<質問3>

保証人になってもらえる人がいますか?保証人は、すでに武雄市に印鑑登録をしている人に限ります。

  1. はい (→ イ 保証人方式 で登録してください)
  2. いいえ (→ ウ 文書紹介方式 で登録してください)

<質問4>

代理権授与通知書が必要です。代理人は、登録する印鑑と本人自署の委任の旨を証する書面(代理権授与通知書)を預かってきてください。 (→ ウ 文書紹介方式 で登録してください)

ア 免許証方式
  • 運転免許証などとは、運転免許証、住民基本台帳カード(写真つき)、旅券(パスポート)、身体障害者手帳
  • 健康保険証、会社や財団法人の身分証明書などでは、この方式の受付はできません。

登録証はその場でお渡しします。

イ 保証人方式
  • 保証人といっしょに窓口に来て、保証人に保証書をすべて記入してもらい、さらに実印(武雄市に印鑑登録してある印鑑)を押印してもらってください。

登録証はその場でお渡しします。

ウ 文書紹介方式

印鑑登録申請書を提出していただいた後、本人の意志を確認するために照会書兼回答書を郵送します。申請の日から1ヶ月以内に回答書に登録者本人が必要事項を記入の上、下記のものをお持ちください。

  1. 登録印鑑
  2. 代理人の認印
  3. 照会書(回答書)
  4. 登録される本人の保険証等
  5. 代理人の身分証明書(運転免許証など)

回答書を返送したり、期間内にお持ち頂けない場合は、申請が無かったものとみなします。

<登録証は回答書を受理した後にお渡しします。/strong>

手続きの方法

 印鑑登録申請書に必要事項を記入し、登録する印鑑といっしょに提出してください。

印鑑登録の規制(武雄市印鑑条例第5条)

 登録できる印鑑の大きさ

  • 住民基本台帳または外国人登録原票に記録または登録されている氏名、氏もしくは名または氏名の一部を組み合わせたもので表していないもの
  • 職業、資格その他氏名以外の事項を表しているもの
  • ゴム印その他の印鑑で変形しやすいもの
  • 印影の大きさが1辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるもの、または1辺の長さが25ミリメートルの正方形に収まらないもの
  • 印影が不鮮明なもの、または文字の判読が困難なもの
  • 他の者がすでに登録しているもの、または同一世帯内ですでに登録されている印影と極めて類似するもの
  • その他市長が不適当と認めるもの

具体的には次のようなものは登録できません

 ア 屋号や雅号、職業などの刻印
 イ 図案化されたもの
 ウ 文字が白ぬきのもの
 エ 印相印などで判読が困難なもの
 オ 印影の輪郭が25%以上欠けているもの
 カ 変形しやすいもの(ゴム印・合成樹脂印など)
 ※大量に生産された印鑑は、なるべく避けてください。

印鑑登録証及び印鑑証明書について

  • 登録手続きが完了すれば印鑑登録証(手帳)を交付します。
  • 印鑑登録証明書が必要な場合は、必ず登録証を持参してください。
    印鑑登録証がないと証明書は発行できません。
  • 印鑑登録の改印や登録証を紛失した場合は、廃止届または亡失届を出してください。
    この届出後に証明書が必要なときは、再度、新規の登録と同じ手続きをしてください。

お問い合わせ

武雄市役所
福祉部 市民課 窓口係
Tel (0954)23-9225・Fax (0954)23-3816
E-mail:shimin@city.takeo.lg.jp
武雄市役所
山内支所 くらし課 窓口係
Tel (0954)45-2906・Fax (0954)45-2564
武雄市役所
北方支所 くらし課 窓口係
Tel (0954)36-6020・Fax (0954)36-5468

カテゴリ