ホーム > 文化のまちづくり構想 > 武雄市文化のまちづくりデザイン会議(第6回)

武雄市文化のまちづくりデザイン会議(第6回)

第6回会議では「構想本文とタイトル案について」について議論しました

20220107bunka_machidukuri01.jpg 20220107bunka_machidukuri02.jpg 20220107bunka_machidukuri03.jpg 20220107bunka_machidukuri04.jpg

第6回会議は、前回会議で意見の出た具体的な事業について再度整理を行い、3つの基本理念、3本の取り組みの柱、6つの目標、それに対する12の施策、それぞれの施策に対してより具体化した30の取り組み内容を記した構想本文の内容を確認しました。

その中で27年前の文化の森構想と見比べつつ、今回の文化のまちづくり構想の特徴は何か、それぞれの委員からの意見を募り、「新たな文化が生まれていく」「文化がまちのにぎわいにつながる」「市民の自発的な参画が進んでいく」などの意見が挙げられました。

最後にこの構想につけるべきタイトルについて事務局より5案提案し、各委員からの意見を募りました。

今回の会議での意見を組み込んだうえで構想本文を仕上げ、次回最終回の会議で最終確認を行います。

開催日時:令和3年12月24日(金)

開催場所:武雄市文化会館 大集会室B 

テ ー マ:「構想本文とタイトル案について」

詳しい会議録はこちら

20211224会議録(第6回武雄市文化のまちづくりデザイン会議).pdf