ホーム > 文化のまちづくり構想 > 武雄市文化のまちづくりデザイン会議(第7回)

武雄市文化のまちづくりデザイン会議(第7回)

第7回会議では「構想タイトルと本文修正案・概要版」について議論しました

20220124bunkanomachidukuri01.JPG 20220124bunkanomachidukuri02.JPG 20220124bunkanomachidukuri03.JPG 20220124bunkanomachidukuri04.JPG

第7回会議は、前回会議での意見を踏まえて修正を加えた構想本文と構想概要版についての最終の内容確認を行いました。

会議として議論できる最終の機会であったため、改めて12の施策についての12の事業案の内容を確認した上で、この構想につけるべきタイトルとして前回提案した5案の中から、「まちの進化論」に決定しました。

構想内では具体的な事業案として、市内各所でプロや市民の文化芸術作品の展示を行い、まちじゅうでアートを感じられる雰囲気づくりを行う「まちじゅうアートプロジェクト」や、西九州新幹線開業をきっかけとした周辺市町との文化的連携強化や文化芸術の大会・合宿誘致などを想定する「文化のハブ都市化」などが提案されています。

この構想は文化のまちづくりデザイン会議からの構想案として1月21日にデザインから市長へ提出されます。

開催日時:令和4年1月12日(水)

開催場所:武雄市文化会館 大集会室A

テ ー マ:「構想タイトルと本文修正案・概要版について」

詳しい会議録はこちら

20220112会議録(第7回武雄市文化のまちづくりデザイン会議).pdf