ホーム > 緊急情報 > 交通死亡事故の多発

交通死亡事故の多発

 佐賀県警察本部からのメールです。

 5月19日夜、唐津市の市道上で、軽四輪乗用車と歩行者の交通事故が発生し、歩行者の方が亡くなられました。
 県内では、大切な命が失われる悲惨な交通死亡事故が多発しています。今年は、すでに交通事故で亡くなられた方は16人(前年同期比+6人)となり、約9割(14人)が高齢者という特徴があります。

【基本に立ち戻って】
 夜間、運転する時は、ハイビーム運転が基本です。
 対向車と離合する時や前車がいる時など以外は、ライトを上向きにして、しっかり前を見て運転しましょう。
 時速60キロメートルで走行していた場合、わずか3秒間に約50メートルも進みます。ほんのちょっとの脇見や油断が、交通事故のリスクを高めることになります。もう一度、基本に立ち戻って、安全運転を心がけましょう。
【反射材の着用を】
 夜の散歩や買い物などに行く時は、「反射材を着用する」「明るい色の服を着る」などして自分の存在をドライバーにアピールしましょう。ご家族の方は、おじいちゃん、おばあちゃんがお出かけの際には、必ず反射材を付けてあげてください。

- 佐賀県警察本部 -
0952-24-1111

登録情報の確認・変更を行いたい場合は syousai@esam.jp へ空メールを送信して下さい。