ホーム > 緊急情報 > 交通死亡事故の多発

交通死亡事故の多発

 佐賀県警察本部からのメールです。

 7月12日朝、佐賀市内の田畑に囲まれた信号機のない見通しのよい十字路交差点で、軽自動車と普通車の出会い頭事故による交通死亡事故が発生しました。今年は、これで交通死亡事故は20件(前年同期比+7件)、死者数は23人(前年同期比+10人)となり、悲惨な交通死亡事故の発生が後を絶ちません。

【余裕を持った出発】
 先を急ぐ運転が特に危険です。心に余裕を持つことで交通事故を防げます。焦らず、急がず、安全確認を心がけましょう。
【十分な安全速度】
 出会い頭事故の多くは、一時不停止や不十分な安全確認が原因で発生しています。確実に止まれる速度、十分に安全が確認できる速度で運転しましょう。
【確実な左右の安全確認を】
 見通しのよい交差点で、交差する車に気付いていながらも、出会い頭事故が発生することがあります。これは、コリジョンコース現象と呼ばれ、同程度の速度で交差点に接近する場合、交差する車が視野の端に映り続け、止まっていると錯覚する現象です。交差点に接近する際は、繰り返し、左右の安全を確認しましょう。

- 佐賀県警察本部 -
0952-24-1111

登録情報の確認・変更を行いたい場合は syousai@esam.jp へ空メールを送信して下さい。