ホーム > 緊急情報 > 暴風雪及び大雪に関する情報

暴風雪及び大雪に関する情報

武雄市安全安心課からのメールです。

九州北部地方には、23日から25日頃にかけて、強い寒気が大陸から流れ込む見込みです。
このため、県内では断続的に雪が降り、山地、平地共に大雪となるおそれがあります。気温は平年よりかなり低くなり、最高気温が氷点下となる所がある見込みです。

雪を伴った暴風に警戒し、積雪による交通障害、低温による水道管凍結や路面凍結、降雪による視程障害に注意してください。また農作物や農業施設の管理などに注意してください。

【水道管の凍結にご注意ください】
冬の冷え込みが厳しいとき、水道管が凍って破裂することがあります。
厚手の布や発泡スチロール系保温チューブなどを水道管に巻きつけ、その上にビニールなどを巻いて、直接冷気を受けないようにすることで凍結を防止することができます。
水道管が凍ってしまった場合、自然に溶けるのを待つか、凍ってしまった部分にタオルなどを被せて、ぬるま湯をゆっくりかけてください。(熱湯をかけると、管や蛇口が破裂する場合があります)
水道管や蛇口が破裂したときは、メーターボックス内のバルブを閉め、必ず市指定の給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。

-武雄市安全安心課-
0954-23-9223

登録情報の確認・変更を行いたい場合は syousai@esam.jp へ空メールを送信して下さい。