令和3年8月 被災された皆さまへ 令和3年8月 応援いただける皆さまへ
ホーム > 市政情報 > 市の取り組み > 武雄市民病院経営改革 > 武雄市民病院移譲先選考委員会から答申書が提出されました

武雄市民病院移譲先選考委員会から答申書が提出されました

平成20年7月7日

信友浩一委員長から答申書を受け取る樋渡啓祐武雄市長 信友浩一委員長から答申書を受け取る樋渡啓祐武雄市長

 平成20年7月7日(月)、武雄市民病院移譲先選考委員会から武雄市民病院の移譲先の選考に関する答申について、信友浩一委員長から樋渡啓祐武雄市長へ答申書が手渡されました。

答申の概要

  1. 優先交渉権者を医療法人財団池友会、次点者を医療法人社団敬愛会とすること
  2. 実効性を担保するシステムを新たな移譲の条件として付すこと
  3. 移譲先には、武雄市民病院のイメージ維持や、移譲までの間市民病院の円滑な運営に協力し医師会との意思疎通に努めること
  4. 武雄市には、移譲先に移譲までの間に重大な違反が認められた場合は契約の解除の措置をとることや、医師会との意思疎通の努力などについて新たな移譲条件の付与も含めて再評価すること、移譲後は評価委員会を設置させ定期的な報告を求めることなどを責務とすること

 この答申を受け、樋渡啓祐武雄市長は次のように述べました。

 この答申の内容を真摯に受け止め、今回の民間移譲が市民医療の向上につながるよう、引き続き努力してまいります。

 今後の日程につきましては、移譲先について議会の承認を求める事件議案の審議をお願いしたいと考えております。

 時期については、市民病院の医療体制を改善するためにも出来るだけ早い時期にお願いしたいと考えております。

お問い合わせ

武雄市役所
つながる部 企画課 企画係
Tel (0954)23-9325・Fax (0954)23-3816
E-mail:kikaku@city.takeo.lg.jp