No. 33

趣ある木造駅舎で ぶらり途中下車

#出かける

今年度武雄市職員に採用された山下詩乃さんの「たけ推し!」はJR佐世保線の三間坂駅。

武雄温泉駅から佐世保方面へ2駅、山内町に位置する三間坂駅。話題のJR九州観光列車「ななつ星」や「或る列車」が停まったこともある趣ある木造駅舎です。

CP33_ 002.JPG

「全体的な見た目から、昔ながらの雰囲気まで...私の中ではどこよりもかっこいい駅だと思います!三間坂駅にいると、どこか懐かしい気持ちになります」と山下さん。高校・大学への通学に、約7年ほぼ毎日通っていたこともあり、この三間坂駅へ郷愁を覚えるとのこと。

CP33_ 003.JPG

数年前に無人化した三間坂駅。使われなくなったスペースを何か有効活用できないかとの思いで、駅舎内に談話室を構えることとなったボランティアグループ「悠」。「悠」のみなさん手作りの品々が、駅のいたるところにおいてあります。風鈴やこいのぼり、鉢植えの花など、そのレパートリーは四季折々。花の世話や草むしりなど、駅舎をきれいに使用できるのも「悠」の皆さんの日々の活動のおかげ。そのおもてなしは、三間坂駅に温かみを与えています。

C6D7346B-FEF7-4E2B-B724-D7DF8CD5FA49.jpg

「『悠』の皆さんには、フレンドリーに話しかけていただいたり、お茶を出してもらったり、いつも温かく迎えてもらっていました」と学生時代の懐かしい思い出を語る山下さん。駅員さんとはまた違うおもてなしは三間坂駅だからこそ。

「観光客だけでなく武雄市民にも三間坂駅のことをもっと知ってもらいたいです。武雄と言ったら武雄温泉駅と思ってしまうかもしれませんが、ちょっと周りを見てみれば懐かしい雰囲気漂う駅があるんです。」

今日も三間坂駅には、閑静な中にも温かくにぎやかな空気が流れます。自然豊かな黒髪山や、最近注目を集めている陶芸作家村も、ここ三間坂駅から。ぶらりと出かけて、三間坂駅で途中下車。のんびり過ごしてみませんか。

アクセス

RECOMMEND
カテゴリ別一覧
× 閉じる