ホーム > トピックス > 知ろう 語ろう 九州新幹線西九州ルート > 整備のようす > 在来線を併用することで想定される課題

在来線を併用することで想定される課題

現在、令和4年の開業にむけて順調に事業が進められていますが、在来線を併用することで想定される課題として下記があげられます。

フル規格に比べての時間短縮効果が薄い

在来線走行時の低速走行が要因。

安全面・自然災害

在来線走行時の踏切等の安全面への不安や冠水等の自然災害による運休等の問題。

お問い合わせ

武雄市 営業部 ハブ都市・新幹線課

〒843-8639 佐賀県武雄市武雄町大字昭和12番地10

電話:0954-23-9160 Fax:0954-23-3816

メール:hub@city.takeo.lg.jp