ホーム > 防災・緊急 > 被災者の皆さまへ

被災者の皆さまへ

8月27日からの大雨により被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
武雄市では、災害に伴う様々な被害に対し、全力を挙げ早期の復旧に努めているところです。
一日も早く、皆さまが元の生活を取り戻せるよう取り組みを行いますので、ご支援とご協力をお願いします。

「復興対策室」を設置しました。

引き続き被災者に寄り添い、一日も早い災害復旧の完了と一日も早い生活再建を達成するため、復興対策室を設置します。

◎被災者総合相談窓口の設置(9/11から)

◎出張相談会の実施(11/24)

◎災害相談専門ダイヤルの設置(9/12から)

◎災害支援ガイドブックを作成しました(第3版 11月8日発行)
被災者支援制度についてまとめたガイドブックを作成しました。
災害支援ガイドブックはこちら(11/8発行)
※掲載された内容は、今後随時更新します。
ガイドブックは、市役所被災者総合相談窓口に配置しています。

被害状況の写真撮影をお願いします。

今後の様々な手続きを行う際、被害の状況(復旧前)の写真が必要な場合が多々あります。
復旧作業される前に、必ず写真を撮影しておいてください。被害状況の写真が無い場合は、支援を受けられない場合があります。

支援リスト

市内で被災され、ボランティアを必要とされている方へ

令和元年8月31日(土)からボランティア活動の受付開始に伴い、ボランティアの方に作業を手伝ってほしい方はご連絡をお願いします。

主な作業

室内清掃(片付け)、家周り等の清掃、土砂除き、粗大ごみの搬出、運搬

受付方法

電話で受け付けます。

災害ボランティアセンター(武雄市社会福祉協議会)8:30~17:00

  • 080-9243-2172
  • 080-8364-5542
  • 090-7156-9899

おもやいボランティアセンター(民間ボランティア団体)8:00~20:00

  • 080-1500-0001

福祉課(9:00~15:00)

  • 0954-23-9235

災害ボランティアの募集

武雄市社会福祉協議会(武雄町)でボランティアセンターが開設されています。

詳しくは社会福祉協議会のホームページをご参照ください。

支援リスト一覧へ

り災証明・被災証明の申請受付について

住家の被害の程度を証明する「り災証明書」と武雄市独自の簡易的に被害状況を証明する「被災証明書」の申請受付を行っています。
支援制度にはそれぞれ申請期限がありますのでご注意ください。また、現地確認等を正確に行うためにも早めの申請をお願いします。

  • 受付期間 令和元年9月2日(月)~令和2年3月31日(火)
  • 受付時間 8:30~17:15(平日のみ)
  • 受付場所 武雄市役所1階 税務課窓口

※郵便でも申請することが可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

申請に必要なもの

証明書の発行について

り災証明書

「り災証明申請書」を受け付けた際に「り災届出証明書」を交付します。
その後、現地確認等を行い、その調査結果に基づき「り災証明書」を交付します。
(注意)現地確認及び証明書の発行については後日になります。申請受付当日には発行できませんのでご了承ください。

被災証明書

その場で被害状況を確認後、発行します。

申請書

申請書等は、下記によりダウンロードできます。

お問合せ

武雄市役所 税務課 市民税係・資産税係
TEL:0954-23-9220
メール:zeimu@city.takeo.lg.jp

支援リスト一覧へ

り災証明・被災証明の郵便での申請について

郵送で申請することも可能です。

郵送申請の際に必要なもの

  1. 申請書
    必ず、り災状況(床上・床下浸水等)を記載してください。床上浸水の場合は、「床上浸水〇cm」と明記してください。
  2. 被害の状況が分かる写真(データ送付も可)
    ※写真をデータで送付する場合は以下の項目に留意してお送りください。
    • 送付先メールアドレス:risai@city.takeo.lg.jp ←「l」はアルファベットの「エル」
    • 添付データ容量:7MB以下(※添付する写真データの合計が7MBを超えると送付できません。その場合は、何通かに分けて送付してください。)
    • メールの件名に「郵送申請」と記載し、本文に「①住所、②氏名、③電話番号」を明記してください。
  3. 顔写真付き身分証明書の写し

送付先

〒843-8639
佐賀県武雄市武雄町大字昭和12番地10
武雄市役所 税務課 市民税係 宛

お問合せ

武雄市 税務課 市民税係
TEL:0954-23-9220

支援リスト一覧へ

住民票等の各種証明手数料等の免除について

今回の大雨により被災された方に対して、災害復旧に関する手続きに必要な住民票の写し等の各種証明書の交付手数料を免除します。

対象者

  • 水害により家屋が床上浸水又は床下浸水した者。
  • 手数料が免除となる証明書など

    (1)住民票の写し(住民票記載事項証明書)
    (2)戸籍謄抄本
    (3)戸籍附票の写し
    (4)印鑑登録証明書
    (5)税証明書
    (6)印鑑登録証(再登録)
    (7)個人番号カード再発行
    (8)通知カード再発行
    ※(1)について、広域交付住民票は対象となりません。

    申請に必要な書類

    • 市民課窓口交付申請書(市民課窓口に設置) ・・・ 使用目的を記入いただきます
    • 申請者の本人確認ができるもの(運転免許証、保険証 等)
    • り災証明書(り災届出証明でも可)または被災証明書(手数料免除聴取書でも可)
    • 委任状(代理人による請求の場合)
    • 印鑑登録証(印鑑証明証の請求の場合)

    ※(6)印鑑登録証の再登録の際は、登録印鑑・顔写真付き公的証明(運転免許証等)もご持参ください。
    ※(7)個人番号カード再発行・(8)通知カード再発行の手続きについては上記以外にも必要な書類がありますので、市民課窓口へ直接お問い合わせください。

    留意事項

    被災を原因として行う各種手続き等のために申請するものに限ります。

    対象期間

    8月31日から当分の間(決定次第、お知らせします)

    窓口

    • 武雄市役所市民課
    • 山内サービスセンター(証明書発行業務のみ)
    • 北方サービスセンター(証明書発行業務のみ)

    お問合せ

    武雄市福祉部 市民課
    TEL:0954-23-9225

    支援リスト一覧へ

    被災住宅の応急修理制度について 《NEW》

    8月の大雨災害により、住宅が一部損壊(10%以上の損害)以上の被害認定を受けた世帯に対し、災害救助法に基づき、その住宅に住むため必要最小限の応急修理に要した費用の一部について、武雄市が直接施工業者へ支払う制度です。
    ※応急修理の対象となる住宅については、必ずり災証明書や修理前の写真が必要です。
    参考資料:
    お住まいに被害を受けられた皆さまへ(ご案内)

    対象者

    (1) 次のすべての条件を満たす方(世帯)

    (2) 住宅が半壊または一部損壊(10%以上の損害)し、自らの資力では応急修理をすることができない方(半壊または一部損壊)

    住宅の応急修理の範囲

    住宅の応急修理の範囲は、屋根等の基本部分、外に面するドア等の開口部、上下水道等の配管、配線、トイレ等の衛生設備の日常生活に必要欠くことのできない部分についての修理です。

    応急修理対象の考え方(PDF)
    対象内外工事事例 (PDF)
    応急修理の対象範囲 (PDF)

    費用の限度額

    1住戸あたりの限度額は、以下のとおりです。