令和3年8月 被災された皆さまへ 令和3年8月 応援いただける皆さまへ
ホーム > くらしの情報 > 就職・労働・産業 > 新規就農支援 > 農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)

農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)

青年の就農意欲の喚起と就農後の定着を図り、青年就農者の大幅な増大を図ることを目的とし、平成24年度に創設された国庫事業です。(平成29年度に青年就農給付金から農業次世代人材投資事業に名称変更)

農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)について(農林水産省ホームページ)(外部リンク)

資金の種類

準備型

就農に向け、県が認める研修機関等で農業研修を受ける人に対し、1人あたり年間150万円を最長で2年間交付します。
 交付に関する窓口は、佐賀県となります。

経営開始型

 独立・自営就農を開始して間もない新規就農者に対し、経営開始1~3年目は150万円/年、4~5年目は120万円/年を交付します。ただし、独立・自営就農開始年度から5年目までしか交付対象となりませんのでご注意ください。
 交付に関する窓口は、武雄市となります。

経営開始型の交付要件

 武雄市から「青年等就農計画」の認定を受けた「認定新規就農者」であることが、農業次世代人材投資資金の交付要件になります。交付を希望される方は、農業次世代人材投資資金の計画承認申請前に、「青年等就農計画」の認定を受ける必要があります。

 また、交付を受けるには、以下の要件を満たす必要があります。
 ただし、予算に限りがあるため、要件を満たしても、交付を受けられないことがありますのでご了承ください。

1.就農時の年齢等

独立・自営就農時の年齢が原則50歳未満である方

2.農業経営に対する意欲

農業経営者となることについての強い意欲を有していること

3.独立・自営就農

次に掲げる要件を満たした独立・自営就農であること
(ア)耕作する農地について、本人名義で所有権または利用権を有していること
(イ)本人名義で主要な農業機械・施設を所有している又は借りていること
(ウ)本人名義で生産物や生産資材等を出荷・取引していること
(エ)本人名義の通帳及び帳簿により、農産物等の売上げや経費の支出などの経営収支を管理していること
(オ)本人が農業経営に関する主宰権を有していること

4.青年等就農計画
5.人・農地プランへの位置づけ等

 市で作成する実質化された人・農地プランに「中心となる経営体」として位置づけられている、又は位置づけられることが確実と見込まれていること
 または、農地中間管理機構から農地を借り受けていること

その他

交付金額

交付停止

以下の場合は交付期間中であっても、交付停止となります。

返還

以下の場合は、返還となります。

お問合せ

武雄市 営業部 農林課 就農支援室

カテゴリ